So-net無料ブログ作成

vi(vim)でバックスペースで自動インデントや改行文字等を削除できるようにするには [vi]

vi(vim)を使っていて、間違って単語中でリターンキーを押してしまい改行され、元の位置に戻りたい場合はありますが、その場合、エスケープキーを押して、一旦挿入モードからノーマルモードに戻り、元の位置に戻り、<i>や<A>キーを押すことになり、少し煩雑です。

この場合、バックスペースで改行文字も削除できると便利です。
また、自動インデントの設定をしていると、インデントを解除(一つ前のインデントに戻る)したい時に、バックスペースでインデントを削除できると便利です。

以下の設定を~/.vimrcファイルにしておくと、インデント、改行文字等をバックスペースで削除できるようになります。
set backspace=indent,eol,start



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。